韓国ドラマ情報室-あらすじ-相関図-無料-最終回まで

本サイトでは、韓国ドラマのあらすじをキャスト、相関図情報とともに最終回まで公開しております。
 

2015年05月10日

韓国ドラマ-帝王の娘・スベクヒャン-あらすじ-7話〜9話-キャスト-相関図-動画-無料-最終回まで

帝王の娘.jpg



韓国ドラマ-帝王の娘・スベクヒャン-あらすじ-7話〜9話-キャスト-相関図-動画-無料-最終回まで



本サイトは、韓国ドラマをより楽しむための趣味サイトです★

ドラマをご覧になられている方や前回見逃してしまったという方のために

あらすじを動画とキャスト・相関図、合わせて最終回まで公開しております。

今回は、『帝王の娘 スベクヒャン』7話〜9話です!

<スポンサードリンク>







帝王の娘・スベクヒャン 全72話


番組見どころ

『帝王の娘・スベクヒャンの座を巡り、異父姉妹の運命が交錯する。
 三国時代を舞台に繰り広げられる、切ない愛の結末とは・・・。
 “善徳女王”“トンイ”に続く、絢爛豪華な大型ロマンス時代劇!』



キャスト 

<役名 ― 俳優>

ソルラン ― ソ・ヒョンジン
ソルヒ ― ソウ
ミョンノン ― チョ・ヒョンジェ
チンム ― チョン・テス
武寧王(ムリョン) ― イ・ジェリョン
チェフア ― ミョン・セビン
クチョン ― ユン・テヨン



人物 相関図

帝王の娘相関図.png



帝王の娘・スベクヒャン 第7話あらすじ

月日は流れ、ソルランはチェファとクチョンの間に生まれた娘・ソルヒと、
仲睦まじい姉妹として育っていた。

一方、武寧(ムリョン)王の子として育てられたミョンノンは、罪人として
捕まったポルグムが高句麗(コグリョ)の密偵であることを暴く。
彼の成長を認めた武寧王は、百済最高の密偵集団・ピムンをミョンノンに引き合わせた。

その頃、武寧王の本当の息子であるチンムは、亭主のある女人と通じて宮中を騒がせ、
武寧王は頭を抱えていた。



帝王の娘・スベクヒャン 第8話あらすじ

武寧(ムリョン)王が王位に就いてから迎えたソネ王妃は病死し、
へ・ネスクの娘・ウネが新たに王妃となった。

ある日、山で道に迷ったソルランとソルヒは、ならず者に襲われそうになる。
するとソルランが転んだ隙にソルヒは一人で逃げてしまう。

一方、武寧王が伽耶(カヤ)の地へ訪問することが決まる。



帝王の娘・スベクヒャン 第9話あらすじ

百済(ペクチェ)から武寧(ムリョン)王の一行が訪れることを知ったソルヒは、
ソルランたちと市場へと出向く。

王の命が何者かに狙われていると察知したミョンノンの提案で、武寧王は伽耶の行宮に
向かう前に、ペク・メスンの工房を訪れた。

そこでクチョンの姿を目撃したへ・ネスクは、チェファがこの地で暮らしている事を
悟る。



<スポンサードリンク>







【帝王の娘・スベクヒャン関連動画はコチラ↓】
posted by チョックン2 at 22:50| 帝王の娘・スベクヒャン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。