韓国ドラマ情報室-あらすじ-相関図-無料-最終回まで

本サイトでは、韓国ドラマのあらすじをキャスト、相関図情報とともに最終回まで公開しております。
 

2015年05月11日

韓国ドラマ-帝王の娘・スベクヒャン-あらすじ-10話〜12話-キャスト-相関図-動画-無料-最終回まで

帝王の娘.jpg



韓国ドラマ-帝王の娘・スベクヒャン-あらすじ-10話〜12話-キャスト-相関図-動画-無料-最終回まで



本サイトは、韓国ドラマをより楽しむための趣味サイトです★

ドラマをご覧になられている方や前回見逃してしまったという方のために

あらすじを動画とキャスト・相関図、合わせて最終回まで公開しております。

今回は、『帝王の娘・スベクヒャン』10話〜12話です!

<スポンサードリンク>







帝王の娘・スベクヒャン 全72話


番組見どころ

『帝王の娘・スベクヒャンの座を巡り、異父姉妹の運命が交錯する。
 三国時代を舞台に繰り広げられる、切ない愛の結末とは・・・。
 “善徳女王”“トンイ”に続く、絢爛豪華な大型ロマンス時代劇!』



キャスト 

<役名 ― 俳優>

ソルラン ― ソ・ヒョンジン
ソルヒ ― ソウ
ミョンノン ― チョ・ヒョンジェ
チンム ― チョン・テス
武寧王(ムリョン) ― イ・ジェリョン
チェフア ― ミョン・セビン
クチョン ― ユン・テヨン



人物 相関図

帝王の娘相関図.png



帝王の娘・スベクヒャン 第10話あらすじ

チェファが生きていると知った武寧(ムリョン)王は、へ・ネスクを遣いに出し
「満月の夜に楼閣で待っている」と手紙を送る。

しかしチェファは遠くから武寧王の姿を見ただけで、そのまま家に戻ってしまう。

一方チンムは、父・東城(トンソン)王を暗殺したペク・カの娘・チェファが生きて
いるという知らせを受け、刺客を送り込む。



帝王の娘・スベクヒャン 第11話あらすじ

チェファの家が刺客に襲われた。
駆け付けたコマクやヨング親子は殺害され、クチョンも斬り付けられる。

チェファは両目に重傷を負うが、ソルランの機転により、チェファとソルラン、
ソルヒの三人は洞窟に身を隠した。

その頃、武寧(ムリョン)王には今も忘れられないチェファと言う女性がいることを
知ったミョンノンは、チェファを迎えに行く。



帝王の娘・スベクヒャン 第12話あらすじ

目が見えなくなったチェファは、持っていた簪(かんざし)からソルヒを
ソルランと勘違いし、実の父親が百済(ペクチェ)の武寧(ムリョン)王で、
本当の名はスベクヒャンであることを、ソルヒに話してしまう。

ソルランの出征の秘密をソルヒに話してしまったことを察知したチェファは、
すぐにソルランを呼ぶように頼んだ。

しかし、深い傷を負っていたチェファは、血を吐いて咳き込んでしまう。



<スポンサードリンク>







【帝王の娘・スベクヒャン関連動画はコチラ↓】
posted by チョックン2 at 00:16| 帝王の娘・スベクヒャン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。