韓国ドラマ情報室-あらすじ-相関図-無料-最終回まで

本サイトでは、韓国ドラマのあらすじをキャスト、相関図情報とともに最終回まで公開しております。
 

2015年05月18日

韓国ドラマ-帝王の娘・スベクヒャン-あらすじ-40話〜42話-キャスト-相関図-動画-無料-最終回まで

帝王の娘.jpg




韓国ドラマ-帝王の娘・スベクヒャン-あらすじ-40話〜42話-キャスト-相関図-動画-無料-最終回まで



本サイトは、韓国ドラマをより楽しむための趣味サイトです★

ドラマをご覧になられている方や前回見逃してしまったという方のために

あらすじを動画とキャスト・相関図、合わせて最終回まで公開しております。

今回は、『帝王の娘 スベクヒャン』40話〜42話です!


<スポンサードリンク>







帝王の娘・スベクヒャン 全72話

番組見どころ

『帝王の娘・スベクヒャンの座を巡り、異父姉妹の運命が交錯する。
 三国時代を舞台に繰り広げられる、切ない愛の結末とは・・・。
 “善徳女王”“トンイ”に続く、絢爛豪華な大型ロマンス時代劇!』




キャスト <役名 ― 俳優>

ソルラン ― ソ・ヒョンジン
ソルヒ ― ソウ
ミョンノン ― チョ・ヒョンジェ
チンム ― チョン・テス
武寧王(ムリョン) ― イ・ジェリョン
チェフア ― ミョン・セビン
クチョン ― ユン・テヨン


人物 相関図

帝王の娘相関図.png



帝王の娘・スベクヒャン 第40話あらすじ

スベクヒャンに扮したソルヒは王宮内で次第に孤立し、武寧(ムリョン)王からも
面会を拒まれる。

スベクヒャンの母親が東城(トンソン)王を暗殺したペク・カの娘であるという噂を
耳にしたソルランは、ペク・カの元使用人が一人、今も王宮にいることを突き止めた。

一方チェファの侍女だったマックムは“彩花(チェファ)商団”を運営しながら
チェファの行方を捜していた。
マックムの存在を知ったソルランは、その行方を探し始める。



帝王の娘・スベクヒャン 第41話あらすじ

スベクヒャンとチンムが親しくしていると知った武寧(ムリョン)王は、
二人の関係に不安を感じていた。

そんな中伽耶(カヤ)キムンの国王スニムン刺客が王宮に侵入するが、
ソルランとミョンノンの機転により事なきを得る。

刺客を捕えた褒美にソルランは五日間の休暇をもらい、友人の見舞いと
偽りマックムを捜しに行く。
それに落ち着かないミョンノンを見かねた武寧王が休暇を取る様に命じ、
ソルランとミョンノンは共にマックムを捜しに行くこととなる。



帝王の娘・スベクヒャン 第42話あらすじ

ソルランとミョンノンはマックムの手がかりを得られないまま街を歩き回っていた。
そこへスニムンの放った刺客に襲われ小屋に閉じ込められてしまう。

石に括り付けた文を何度も外へ投げては助けを求めるが上手くいかない。
二人の距離は協力し合ううちに、自然と縮まるのであった。

一方ソルヒはならず者を使って、ソルランの動向を探っていた。
そしてスニムンが突然百済(ペクチェ)の王宮を訪ねてくる。



<スポンサードリンク>








【帝王の娘・スベクヒャン関連動画はコチラ↓】
posted by チョックン2 at 00:35| 帝王の娘・スベクヒャン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。